実績紹介

日本で活躍していた観覧車がカンボジアのシェムリアップを新たな活躍の場とし、シェムリアップ州の商業施設

“Boxville”内に2019年末のオープンを目指します。

シェムリアップ州知事、関係者、メディアが一同に会し起工式が盛大に行われました。

世界遺産アンコールワットを旅される際は、新たなスポットとして立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

窓から広がるシェムリアップの街の眺めを楽しむことができます。

 

IMG_7859.jpg

 

IMG_1574.jpg

 

 

スペースワールド様 85m観覧車買取・解体

中古アトラクション取扱 2018.02.03

スペースワールド様のスペース・アイの解体を行いました。次の活躍先の出番を待っています。

 

スペースワールド観覧車解体(2).jpgのサムネール画像

 

スペースワールド観覧車解体 (1).jpg

イオンモールJGC  60m屋上観覧車納入実績

中古アトラクション取扱 2017.10.01

インドネシア・ジャカルタのイオンモール2号店様「ジャカルタガーデンシティ」の屋上にビルトイン型の観覧車を設置いたしました。直径50m、地上高が72mとインドネシアで最も高い観覧車です。(2019年5月時点)上空からはジャカルタの街が一望でき、人気を博しております。

 

イオンモールJGC観覧車 (1).jpg

 

イオンモールJGC観覧車 (2).jpg

 

イオンモールJGC観覧車 (3).jpgのサムネール画像のサムネール画像

本日8月8日発行の北海道新聞に掲載されております、ウィングベイ小樽(北海道小樽市)の

観覧車の解体撤去を弊社が担当することになりました!

 

otaru ferris wheel.jpg

高さ58メートルのこの観覧車は2000年に建設され、小樽の街並みや石狩湾を一望できる

人気スポットでしたが、この度弊社によって解体撤去され、リノベーションされた上で

海外へ旅立つこととなりました。

 

我々シーキュー・アメニックは、施設の閉園やリニューアルに伴い、その役割を終えた

観覧車をはじめとする遊戯施設やアトラクションたちが再び輝くことができる新しい活躍の

場を用意するビジネスにも力を入れております。

 

日本の子供たちを楽しませてきたアトラクションたちが、しっかりとメンテナンスされ、

キレイな姿に生まれ変わって、再び新たな場所で子供たちに思い出を提供する。

そんなシーンをもっともっと作っていきたい!と考えています。

 

施設のリニューアルや遊園地の閉園、またメンテナンス費用でお困りの機器でございましたら、

あらゆる方法での解決に向けてご提案いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

お問合せはコチラ

メイド・イン・ジャパンの優れた技術と品質が、日本国内での役割を終えた後、アジア諸国で再び活躍する。

このことはアトラクション遊具の場合でも当てはまります。

中古観覧車の代表的取り扱い実績をご紹介致します。

 

2011年12月、当社は日本の某遊園地でその役目を終えた中古観覧車を、フィリピン共和国マニラ市にある、

巨大ショッピングモールMall of Asia(モール・オブ・アジア)に移設いたしました。

 

MOA ferris wheel .JPG

 

DSC00790.JPG

 

DSC00813.JPG

 

この中古観覧車は高さが50m。美しいマニラ湾とマニラ市内の夜景を望むことができます。

 

12月というフィリピンでの最繁忙期に導入したため、クリスマス期間中は夜遅くまで長蛇の列ができました。

 

アジアで3番目、世界で4番目の規模を誇るモール・オブ・アジアにお越しの際は、是非このメイド・イン・ジャパン

中古観覧車の雄姿をご確認ください。

観覧車の中古製品については、多数取り扱い実績がございます!

 

国内外問わずお気軽にお問い合わせください。

 

 

  • アトラクションの導入や空きスペース活用のご相談などお気軽にお問い合わせください。
  • 087-885-4040 【定休日】土・日・祝【受付時間】9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ